体脂肪量はさして変化がなく、体重が飲み食いや排尿等で一時的に増減する時、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少すれば体脂肪率が上昇します。

複雑骨折して酷く出血した場合、血圧が下がって眩冒やふらつき、冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる意識消失発作などの不快な脳貧血が起こることがよくあります。

BMIを求める式はどの国でも等しく同じですが、値の評価は国家ごとに異なり、日本肥満学会(JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY)ではBMI値22が標準、BMI25以上は肥満、BMI18.5未満を低体重と定義付けています。

パソコン画面の強い光を低減させる効果のあるレンズの付いた眼鏡が非常に人気を集めている訳は、疲れ目の予防策に多くの人々が興味を抱いているからだと思っています。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のGOTやGPT、そしてγ-GTPなど3種類の値によって診ることができますが、ここ2、3年肝機能が落ちている日本人の数が増加傾向にあるそうです。

脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常が原因で引き起こされる発疹で、皮脂の分泌異常の誘因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの崩れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な枯渇などが大きいと言われています。

普段から肘をついた横向きの状態でTV画面を見ていたり、頬に頬杖をついたり、ヒールの高い靴等をよく履くという癖や習慣は体の上下左右の均衡を悪くしてしまう因子になります。