2005年(H17)年以後新たに特保(特定保健用食品)の入れ物において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった日本語の文章を表示すること義務化した。

消化器科で診てもらう急性腸炎(acute enteritis)は、大半が腹痛・悪心・下痢を伴う程度で治まりますが、細菌性の場合は酷い腹痛・長引く吐き気・何度も繰り返す嘔吐・水下痢と一緒に高熱も出るのが相違点です。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、かわる新しい手段として、平成24年9月1日よりとなるため、病院などの医療機関で接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種のスタイルに変更されました。

下腹部の強い痛みを主訴とした主な疾患には、虫垂炎と間違うことの多い大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、卵管の病気など、色々な部位の病気がみられるでしょう。
アルコールをクラッキングする力があるナイアシンは、ゆううつな二日酔いに効く成分です。

嫌な二日酔いの要因といわれるエチルアルデヒドという物質の分解に携わっているのです。

UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層で一部が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮の内部で細胞のDNA(遺伝情報)を破損させたりして、肌に悪い影響をもたらしています。

めまいは診られないのに、不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを幾度も繰り返すケースのことを区分けして「蝸牛(かぎゅう=カタツムリ)型メニエール(メニエル)病」という名前で呼ぶ症例があるのです。