植物に存在する化学物質、フィトケミカル(phytochemica)のひとつであるイソチオシアネート類のスルフォラファンという揮発性の有機硫黄化合物が、肝臓が分泌する解毒酵素の自然な生成活動をサポートしているという真実が明らかになってきました。

毎日横向きのままでテレビを眺めていたり、片手で頬杖をついたり、踵の高い靴などを毎日履くといった習慣的なことは身体のバランスが崩れる原因となります。

汗疱状湿疹(汗疱)は掌や足の裏、又は指の間などにプツプツとした水疱ができる皮膚病で、大抵はあせもと呼ばれており、足の裏に出現すると水虫と混同されることが多くあります。

ハーバード大学医学校の調べによると、一般的なコーヒーと比較して毎日2〜3杯のカフェインレスのコーヒーに変えれば、直腸ガン発生リスクを半分も減少させることができたとのことだ。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは咽頭から肺を通る気道(呼吸器の一種)からの出血のことで、吐血の方は無腸間膜小腸より上部の消化管から出血する症状を示しているのです。

スギ花粉症などの症状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜しっかり眠れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足に陥り、次の日の業務にダメージを与えるかもしれないのです。

内臓脂肪症候群(メタボ)であるとは言われていなくても、内臓脂肪が多めに付着しやすいパターンのよくない肥満が存在する事によって、いろんな生活習慣病を発症する可能性が高まります。