内臓脂肪過多の肥満が診られ、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多(ししつかた)」、塩分の過剰摂取などによる「高血圧」、高血糖(こうけっとう)の中で2項目以上に該当する状態を、メタボリック症候群と呼んでいます。

杉花粉症などの病状(水っぱな、鼻づまり、連発するくしゃみ等)のために夜間よく眠れない場合、それが要因で睡眠不足になり、次の日起きてからの行動に悪いダメージを与えることも考えられます。

脂溶性であるビタミンDは、Caが体に吸収されるのを促進する特質で広く知られており、血液の中のカルシウムの濃度を操って、筋肉の働きを操作したり、骨を作り出します。

基礎代謝量(kcal)というのは目覚めている覚醒状態で生命を保つ(心臓、口からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋緊張のキープなど)のに欠かせない理論上のエネルギー消費量のことを言います。

30才から39才の間に更年期になったとすれば、医学的な用語では「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という病気のことを指します(我が国の場合は40才未満の女性が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(early menopause)」と称しています)。
HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを保有した精液や血液のほか、腟分泌液、母乳、唾液等のあらゆる体液が、交渉相手や乳飲み子などの傷口や粘膜などに接触すると、感染のリスクが高くなってきます。

肝臓を元気な状態にキープするには、肝臓の解毒する作用が下がらないようにする、言い換えると、肝臓のアンチエイジング対策を迅速に実行することが有効でしょう